県議会報告

■ 平成23年度 常任委員会は「総務県民委員会」に所属

県議会報告

〔総務県民委員会の主な所掌内容〕

  • 行財政について
  • 文化芸術の振興について
  • 青少年の健全育成、ボランティアやNPO活動の推進について
  • 男女共同参画社会の形成の促進について
  • 安全なまちづくりの推進について
  • 防災対策の推進について
  • 知事政策局、総務部、県民生活、防災局、出納事務局、選挙管理委員会、監査委員及び人事委員会の行政運営について

■ 特別委員会は「行財政改革・道州制調査特別委員会」副委員長に就任!

【景気対策】

 わが国の経済活動をリードする産業県・愛知県として、被災地の復旧・復興に貢献するには、まずは本県経済が活力を保ち続けることで日本経済を支えていくこと。しかしながら、県内企業においても大震災で操業に影響がでていることも否めない。特に中小企業の資金繰りの悪化も心配されることから、本県では初の取り組みとして「あいちガンバロー資金」を創設。

 これは中小企業が負担する信用保証料を県が全額補助し、さらに信用保証協会に生じた損失を県が全額補償。無担保で融資限度額5,000万円、融資枠1,000億円で4月26日に創設。この資金には多くの中小企業者からの利用があり融資枠を越える申し込みがあったため、さらに1,000億円の融資枠を追加して合わせて2,000億円の融資枠に!

■ あいちガンバロー資金(震災対策緊急つなぎ資金)の創設

がんばろう日本!
1.資金の内
  • 融資対象要件:東日本大震災の影響を直接的にまたは間接的に受け、直近1ヶ月の売上高または売上高総利益額が前年同月または2年前同月の売上高などに比べて減少していること
  • 資金使途・融資限度額:運転資金5,000万円
  • 融資期間・利率:3年・年1.5%
  • 信用保証料:県が契約時の額を全額補助
  • 据置期間:原則として1年
  • 担保・保証人:原則として無担保、法人代表者以外の連帯保証人は不要
  • 無担保信用保証枠:保証協会が認めれば、無担保保証枠の利用が8,000万円以上の場合でも本制度の融資限度額5,000万円を全てについて無担保で利用可能。
  • その他:本資金に係る信用保証を促進するため、信用保証協会に対する損失を全額補償
2.融資枠
  • 1,000億円
3.実施期間
  • 平成23年4月26日(火)〜同年9月30日(金)
4.取扱金融機関(申し込み先)
  • 県内の県融資制度取扱金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、鰹、工組合中央金庫の40金融機関)各店舗

〔問い合わせ〕
  • 愛知県産業労働部中小企業金融課融資グループ(052-954-6333)
  • 愛知県信用保証協会総合相談室〔信用保証について〕(0120-454-754)

<平成23年度6月定例愛知県議会は>
6月24日(金)〜7月15日(金)

○ 6月29日 代表質問
○ 6月30日・7月1日・7月4日 一般質問
○ 7月6日〜11日 各常任委員会